文化的名所トップ5

ここ日本は新旧の文化が融合した国といっても過言ではありません。歴史的遺物や現代美術が詰まった歴史のある都があるという側面と、手入れの行き届いた庭園やトレンディーなストリートが重なり合う現代的な大都市があるという別な側面を併せ持つ国です。

そこに観光の最大の魅力があるのです。足を踏み入れると、ありとあらゆる体験に夢中になって時がたつのを忘れてしまいます。ですから、古代から今に続く小道をハイキングしても、伝統工芸品を試しても、お寺に泊まるにしても、ここほど観光客を夢中にしてしまう国はなかなかありません。

そこでお勧めの場所をいくつかご紹介します。

日本庭園

造園は日本芸術の中でも重要な地位を占めており、1000年を超える歴史がありますが、今では想像を絶するような進化を遂げています。日本には様々な時代の様子を今に残す庭園があり、たとえば江戸時代から続く庭園や禅僧が作った有名な枯山水などがあります。

岡山後楽園は、鯉が泳ぐ池と伝統的な茶室が特徴であり、日本でも有数の名庭園です。さらに、岡山後楽園はミシュラン・グリーンガイドで最高評価の三つ星を受けました。

各地の市場

次にご紹介するのは全国各地にある地元の市場です。地元の文化を探求し多くを得るにはまたとない場所です。京都に行くなら、何百もの屋台や食料品店が軒を連ねる長い商店街「錦市場」は見逃せません。ほとんどのお店が家族経営です。

店舗ごとに特定の食品に特化しており、近隣地域と緊密に連携して素晴らしい食材を提供しています。一方、魚市場として日本一有名なのは「築地市場」で、毎日2000トン以上の新鮮な魚介類を扱っています。

古都

華やかな提灯・木造建築・傾斜の低い屋根などは、日本の伝統的な建築様式です。日本の過ぎ去った過去を体験したければ奈良や京都がうってつけでしょうが、他にも行ってみる価値のある場所は山ほどあります。

歴史的に重要な街道「中山道」を散策しましょう。江戸時代には地方と東京を結ぶ最も重要な交易路の1つでした。または、五箇山に行って世界遺産に登録された集落を直接見て、歴史の重みを体感するのもよいでしょう。

各地のお祭り

カレンダーにはお祭りや行事が満載ですよね。知多湾で開催される「三河一色大提灯まつり」は、実に壮観です。毎年8月に開催され、400年の伝統があります。

特別な意味を持つ提灯が地域全体に丁寧に飾り付けられます。このお祭りの目的は、湾近くに棲む海の魔物を鎮めることです。重要なお祭りをもう1つ挙げると、「湯西川温泉かまくら祭り」があります。雪と光の織り成す魔法のような光景が圧巻です。

お寺

何千ものお寺や神社があります。伏見稲荷大社は、「神道」の神々を祀る社です。この神社には、鮮やかな黒と赤の鳥居で作られた歩道があります。